FC2ブログ

プロフィール

さくら店長

Author:さくら店長
いらっしゃいませ!


わたしのお店

 GOOD ONE
究極のドッグフード【バックトゥベーシックス】
■The Whole Dog Journal誌に11年連続選ばれています!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


■神経系の動作でわんこに異常がないか観察しましょう■

つづき。

④ひきつり(筋攣縮)
筋肉(骨格筋)の単回の収縮を攣縮(れんしゅく)と言います。
運動神経や筋肉の興奮が亢進して現れますが、中毒症状の時には、
全身がひきつりを起こすことがあります。
一つの例として、排尿障害のあるイヌなどが、利尿剤として、
コリンエステラーゼ阻害薬というものを服用している場合に、
起こり得ることです。

⑤折り畳みナイフ現象
筋肉の緊張度(筋肉の張力)が高まった状態なると起こります。
外から加えた力に対する抵抗が、折り畳みナイフをおるように、
ある時点で急に失われるので、このような名前がつけられています。

⑥筋肉の硬直
筋肉がこわばった状態です。

⑦筋肉の弛緩
筋肉が通常よりも柔らかくなり、力がないものを言います。

⑧筋力低下
ウサギが耳を垂れたり、首を垂れたりする場合があります。
全身的な衰弱、循環虚脱を起こしていることが多いです。

⑨筋萎縮
筋肉の厚みが少なくなって、部分的に痩せた状態になっている場合を
言います。もちらん、筋力の低下にもなります。
神経障害に続発しますし、動けない状態が続いて筋肉を使わないと起こります。

⑩反射
よく検査されるのは、正向反射 、膝蓋腱反射 、脊髄反射など。

■正向反射の消失
平衡感覚を失った時に起こります。

■屈曲反射の消失
動物の後ろ足をつかんだりすると、逃れようとして足を曲げます。
この反射を屈曲反射と言いますが、脊髄反射を現します。
椎間板ヘルニアなどではこの反射が失われるでしょう。

■膝蓋腱反射の消失
人間の検査でもよく行われる、膝の皿の下を軽くたたくと足が上がるというあの検査です。
動物でもよく検査されます。

総じて、神経系の病気は判断が難しいですから、専門家に任せて下さい。
スポンサーサイト




にほんブログ村 犬ブログへ
↑よろしければご投票ください

テーマ : ダックスフント大好き♪ - ジャンル : ペット

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |